損害保険と生命保険の違い

損害保険と生命保険の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

保険には3種類あります。第1が人の生死に関するリスクの備えで、第2が事故など物のリスクの備え、第3が怪我・病気など医療のリスクの備えです。

 

損害保険と生命保険の違いについて

 

被保険者とはなにか

 

“被保険者”と一口に言っても、生命保険と損害保険ではその意味合いが大きく異なります。生命保険の対象は人の命であり、損害保険は動産などが対象です。ですから、生命保険での被保険者は、自己の生命に保険をかける人となります。

 

損害保険での被保険者は、自動車・家屋の被保険利益を持っている人や、保険金請求ができる人です。保険金受け取りに関しては、生命保険の場合は、契約で保険金受取人が明記されます。損害保険の場合では、被保険利益保持者、保険金請求可能者に保険金が支払われます。

 

スポンサーリンク

 

保険料の基盤となるもの

 

混同しがちな保険料と保険金についての説明になります。保険料は、保険金を利用するための料金です。また保険金は、それまでに支払った保険料の総額ではありません。保険会社と契約した保険からの給付金を意味します。

 

そして保険料は、“純保険料”と“付加保険料”の合算で、正式には“営業保険料”と呼ばれます。純保険料は保険金に充てられ、付加保険料は保険制度を運営する資金となるのです。純保険料は、これまでの統計を根拠に、将来起きる確率に基づいて計算されます。損保の基になるのは火災・交通事故等の発生率であり、生保では死亡率・疾病率の統計からです。

 

 

保険金の相違点とは

 

実際にもらう保険金の考え方も、損保と生保では違います。損保と生保では、被保険者の考え方が異なるのは先程述べたとおりです。生命保険では、支払い条件をクリアすれば、被保険者は原則的に契約どおりの金額が受け取れます。

 

それに対して、損害保険の場合は、契約した金額どおりの保険金が下りるとは限りません。損保には“利得禁止の原則”があるからで、実際に契約者が被った損害以上の保険金を受け取ることはできないのです。これは、火災保険でも自動車保険でも同じです。保険の「第3分野(がん・医療保険)」の場合には、死亡時には契約どおりの金額の保険金が下ります。

 

しかし、入院・手術に関しては、実際にかかる医療費により保険金額が変動するのです。そして、火事・交通事故などの際には、生保での保険事故と損保での保険事故が同時に起こることがあります。



このエントリーをはてなブックマークに追加