生命保険料の基盤とは?

生命保険料の基盤とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

生命保険も損害保険も、基本的には保険数理により成立しています。統計学や確率論の研究の発展により、様々な保険商品が誕生したのです。

 

生命保険料の基盤とは?

 

生保の3利源とは何か

 

生命保険における保険料は、3つの予定率『“予定死亡率”“予定利率”“予定事業費率”』で成立しています。これが“保険の3利源”です。「予定死亡率」では、過去の統計から死亡人数を予測します。その年の死亡人数がAなら、Bの金額の保険金支払いがあるとの予見です。

 

そして、ある程度死亡率を高めに設けることで、生命保険事業の安定化を図ります。常に死差率を生み出すようにするわけです。「予定利率」では、保険料の運用を率から目算します。契約者が支払う保険金が、しっかりと安全に運用されるために、予定利率の算定方法の一部分は法律で規定されています。

 

そして3つめの「予定事業費率」は、必要経費(広告費・人件費・家賃等)を見積もったもの。保険会社の実際の支出と、少々多めの見積額の差額が、保険会社の利益です。保険が萌芽したばかりの頃は、予定死亡率中心の保険商品作りでした。予定死亡率・予定利率・予定事業費率の3利源を巧妙に組み合わせ、新商品開発にあたるのは、随分後のことなのです。

 

損害保険では、保険金額に保険料率を乗じた金額が保険料です。そして、損害発生の頻度から導き出されるのが、保険料率となります。

 

スポンサーリンク

 

■生命保険の三利源

死差益 予定死亡率で見込んだ利棒数よりも、実際の死亡者数が少ない場合に生じる利益。
利差益 予定利率による運用収益見込み額よりも、実際の運用収入が多い時に生じる利益。
費差益 予定事業費によって見込んだ事業費よりも、実際の事業費が少ない場合に生じる利益。

 

■生命保険料の三要素

予定死亡率 性別、年齢別の過去の死亡者数を統計した生命表から、1年間の死亡者数を予測して、将来の保険金支払いに必要な保険料を算出。その時に用いる死亡率のことさす。
予定利率 保険会社は、運用によって一定の収益を見込んで、保険料を割り引いています。その割引に使用する利率を指す。
予定事業費率 保険会社は事業を運営するうえで必要とする費用を見込んでいて、その見込まれた事業費の割合を言う。


このエントリーをはてなブックマークに追加