告知義務違反と保険金不払いについて

告知義務違反と保険金不払いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

保険金不払いが生じることがあります。契約者は、最近の健康状態や疾病歴を隠さず保険会社に告知しなければなりません。しなかったり、嘘の申告をすれば告知義務違反となります。

 

告知義務違反と保険金不払いについて

 

告知義務違反とは何か?

 

告知義務とは、契約者が保険会社に対して現在の状況を開示しなければならないものです。それには「現在の職業」「健康状態」「過去の行歴」「現在の健康状態」があります。

 

この項目に基づき、保険会社は契約者との契約内容を決定します。場合によっては契約できないとか条件付きで契約することになります。もし契約時に虚偽の申請をすると、告知義務違反に問われることになります。

 

契約者の故意または重大な過失で告知義務違反があったことが判明したときは、保険会社は契約約款によって、通常は2年以内ならば契約解除できます。意図的で悪質なものは「詐欺無効」と判断された場合、2年経過しても解約可能です。そして支払った保険料は戻りません。また契約解除は、いかなる場合でも保険会社から一方的に通告できるのです。

 

スポンサーリンク

 

保険契約解除に時効はあるか?

 

保険会社の解除権は、告知義務違反を知った時から1ヶ月以内に行使しないと失効します。保険会社の何らかの手違いで知らなかった時や、告知されていないことを知った上で契約した場合はやはり時効期間がすぎれば契約解除はできません。

 

告知は、加入時に「告知書」が手渡され記入します。営業員や面接士にたとえ事実を伝えていても、実効はこの告知書です。彼らには告知受理権がないので無効なのです。不払い問題は、契約ほしさの虚偽告知を勧めたり、契約内容の説明不足からくるものです。高額保険の契約には医師との面談や健康診断書の提出が必要です。



このエントリーをはてなブックマークに追加