生命保険の配当金の仕組み

生命保険の配当金の仕組みについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

3つの予定率(予定死亡率・予定利率・予定事業費率)はあくまでも予定です。予定と、実際の死亡者数・運用利回り・事業費の差が余剰金となります。

 

生命保険の配当金の仕組みについて

 

生保の余剰金による配当金

 

生命保険の“配当金”は、余剰金の払い戻しとして契約者に分配されます。株式の配当金・預貯金の利息とは違うタイプが異なります。生保の場合は、保険料の処理が終了した後で、事後精算されるのです。配当金は、毎年の決算で発生した余剰金のうち、通常は契約3年目から分配される仕組みになっています。

 

そして、保険契約は配当金の形式によって大きく3種類に分けられます。“無配当”“準有配当”“有配当”の保険契約です。無配当の保険では、営業保険料を低くする代わりに、配当金がありません。準有配当・有配当の保険の場合は、保険の3利源で生じた利益による配当と、利差だけによる配当があります。

 

スポンサーリンク

 

長期契約者に対する特別配当

 

“特別配当”は、長期契約者に支払われる配当金です。特別配当は、普通配当(通常配当)とは別に支払われ、主に2種類が存在します。1つめの“長期継続特別配当”は、保険加入後に、一定期間以上継続すると支払われるもの。2つめは“消滅時特別配当”で、死亡・満期等で契約が消滅してしまう場合に払われる配当金です。

 

配当の元になるのは、利差益・キャピタル損益・自己資本運用益の合算となります。それぞれの生命保険会社の経営力により、費差益(予定事業費−実際の事業費)も変化するので、配当金にも差がでます。



このエントリーをはてなブックマークに追加