外貨建て保険の仕組みとは?

外貨建て保険の仕組みとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

金融も国際化で外貨預金外貨建てMMF、外債などといった外貨建ての商品が増えています。そういった中で生命保険も外貨建てを利用して行くという、新しい運用をしているところもあります。

 

外貨建て保険の仕組みとは?

 

売り物は予定利率の高さ

 

外貨建て保険というのは、払込みも外貨で行います。当然、保険金支払いや解約なども外貨で行われます。円と外貨との長期の変動をよく見ておく必要があります。基本的には、日本の保険商品と同じで終身保険、養老保険、個人年金保険の3種類があります。

 

外貨建て保険は、通常国内の各種保険に比べ、予定利率が高いので保険料は格安となります。出来高により受け取りが違う変動保険、変動年金では投資先を外国ファンドにすることができます。払込方法には、一時払いと月払いを選べます。一時払いは、運用商品としての投資型の性格が強いものです。

 

スポンサーリンク

 

為替変動のリスクについて

 

為替の変動の効果は、直接効いてきます。外貨で受け取ったとき為替で大きく受取額に反映されるため、資金の運用型の性格を持ちます。円安が続くと円の実質的な資産が減少します。それを防ぐためには変動のない、あるいは有利な外貨で資金を運用すればいいのです。

 

為替差益で本来の利率による保険料のメリット以外に為替差益の減少を守る手段として使うことが大きな利点といえます。



このエントリーをはてなブックマークに追加