医療保険などの第3分野保険とは?

医療保険などの第3分野保険とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

第1分野の保険とは生命保険で、主に死亡保障です。第2分野保険は、損害を補填するもので火災保険などです。第3分野保険とはその中間に位置するもので、具体的にはがん保険、医療保険などが相当します。

 

医療保険などの第3分野保険とは?

 

高齢化の進展と医療保険の関係

 

高齢化が進み核家族が多くなると、老後は一人または二人の生活となり、長生きすることに伴う心配事があります。自分の死亡による保険で家族を守ることから自分の生活を保障していくこと、すなわち医療や介護のための要求を満たす保険が必要となってきました。

 

保険の算出は、年齢による疾病の発生率や罹患率、治療の必要経費、本人の所得補償が基準です。契約者は費用とその保険の価値のバランスを重要視します。医療保険は公的な健康保険での補償内容との不足、過払いなどを考えます。

 

スポンサーリンク

 

介護保険とは?

 

民間保険の介護保険は、主契約の特約条項が多く、介護保険の自己負担(1割)の補填や介護支援者への生活保障のためのものです。死亡保障と介護保障の両方を持つものもあります。

 

その補償内容は、被保険者が要介護になったとき一時金が支払われます。そして、生涯その状態が続く限り介護年金が支払われます。一番難しいのは介護認定で、現在は公的介護保険の基準で行われています。

 

 

がん保険と3大疾病保障保険について

 

がん保険は、最近ではごく一般的で契約者は増加しています。がん治療も進み、発見が早ければ不治の病ではなくなりつつあります。そして、今はがん、心筋梗塞、脳卒中の3大疾病の保障保険が人気があります。

 

これらの病気は死亡、高度障害に直結します。手術、その後の長期医療費に対する補償を望む声が強く、契約者は次第に増加しています。



このエントリーをはてなブックマークに追加