保険会社の経営状況を知ることの重要性

保険会社の経営状況を知ることの重要性

このエントリーをはてなブックマークに追加  

契約者は保険会社の経営状況を知ることは重要です。経営破綻して保険金不払いの危機を回避すること。もう一つは配当金の利益還元の動向です。

 

保険会社の経営状況を知ることの重要性

 

保険会社の情報を開示する義務

 

保険会社は、自社の情報開示が義務付けられています。業務内容や財務状況は、毎年決算後にはディスクロージャー誌などを作成して、一般閲覧用に公開しています。

 

生保の開示基準は次のようです。会社概況、組織開示、業務内容、直近5年の業務状況、責任準備金、資産運用状況、基金(資本金)、ソルベンシー・マージン比率、基礎利益、有価証券等含み損益などです。その他記載事項は、特別勘定の指標、信託業務、子会社の経営状況の詳細です。

 

 

配当における情報開示とは?

 

契約者の関心事は、今の保険契約が大丈夫なのかということです。現代は低金利時代です。保険などは一般人にとっては大きな資産ですから、その配当の情報への関心も高く、他商品との比較は常に求められます。

 

近年高齢化社会では、医療保険、生前給付保障など年間残保険料や個人保険、個人年金保険への関心が高まっています。その保険への契約者とかの開示を求められます。保険会社の3利源での利益にも関心が寄せられているのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加