生命保険の営業に関する法律について

生命保険の営業に関する法律について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

生命保険に関わる法律は、保険会社の運営や募集関係に関するものが先ずあります。また、営業行為を保険募集人がする場合、それに関する法律や金融商品などの販売と消費者契約に沿った法律などがあります。

 

生命保険の営業に関する法律について

 

4つの法律によって保険募集を規制

 

「保険業法」は、保険募集人の守るべきルールと契約者の保護に関しての規制が詳細に定められています。保険募集人は使命を遂行し、販売活動は公明正大にやらねばなりません。

 

保険募集に関連した法律が四つかあります。通称で「消費者契約法」「金融商品販売法」「本人確認法」「個人情報保護法」です。金融相本販売法は「金融商品の販売等に関する法律」です。本人確認法は「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」です。個人情報保護法は「個人情報の保護に関する法律」です

 

スポンサーリンク

 

契約者保護を優先する

 

「消費者契約法」と「金融商品の販売等に関する法律」には、消費者保護優先の規定があります。多くの金融商品から消費者が正しい判断を選択できるように「販売する側に重要事項の説明を義務付け」ています。

 

「個人情報の保護に関する法律」で、個人情報を取り扱っている事業者に、適切な個人情報の取扱いのルールを定めています。

 

保険募集のための大原則は、契約者の権利、保険会社の義務、そしてその他保険契約の内容を周知徹底することで、義務付けられています。

 

 

生命保険募集人に関する制限

 

生命保険募集人となるには、所定研修を履行して必要基礎知識を習得します。その後、一般課程試験に合格すると、金融庁長官に登録申請を行い、受理されてやっと「生命保険募集人」となれます。

 

原則として、生命保険募集人は2社以上の会社の募集人登録はできません。また、2社以上の保険募集(乗合登録)もできません。乗合募集は、契約者の保護が守られるものは、政令で定める場合には例外で認められています。

 

また、変額保険や変額個人年金保険を販売するためには、「変額保険の販売資格」が必要となります。

 

 

*消費者保護法 2001年4月施行
*金融商品販売法 2001年4月施行
*本人確認法 2003年11月施行
*個人情報保護法 2005年4月施行



このエントリーをはてなブックマークに追加