保険業法第300条の規定とは?

保険業法第300条の規定について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

改正された保険業法の中で特に細かく規定されたものがあります。「保険業法第300条」に明記されている、保険契約の締結、または保険募集に関する禁止行為です。

 

保険業法第300条の規定とは?

 

9項目の禁止事項とは?

 

@保険契約者又は被保険者に対して、虚偽のの報告を行い、又は保険契約の契約条項のうち重要な事柄をを告げない行為

 

A保険契約者又は被保険者が保険会社(外国保険会社等も含む)に対して重要な事項につき虚偽のことを告げることを勧める行為

 

B保険契約者又は被保険者が保険会社(外国保険会社等も含む)に対して重要な事実を告げるのを妨げ、又は告げないことを勧める行為

 

C保険契約者又は被保険者に対して、不利益となるべき事実を告げずに、既存の保険契約を消滅させて新たな保険契約の申込みをさせ、又は新たな保険契約の申込みをさせて既存の保険契約を消滅させる行為

 

D保険契約者又は被保険者に対して、保険料の割引、割戻しその他特別の利益の提供を約し、又は提供する行為

 

E保険契約者若しくは被保険者又は不特定の者に対して、一の保険契約の契約内容につき他の保険契約の契約内容と比較した事項であって誤解させるおそれのあるものを告げ、又は表示する行為

 

F保険契約者若しくは被保険者又は不特定の者に対して、将来における契約者配当又は社員に対する剰余金の分配その他将来における金額が不確実な事項 として内閣府令で定めるものについて、断定的判断を示し、又は確実であると誤解させるおそれのあることを告げ、若しくは表示する行為

 

G保険契約者又は被保険者に対して、保険会社(外国保険会社等も含む)の特定関係者が特別の利益の供与を約し、又は提供していることを知りながら、その保険契約の申込みをさせる行為 

 

特定関係者とは、第100条の2、及び194条に規定する特殊関係者のうち、当該保険会社等が子会社の保険持株会社、少額短期保険持株会社、これらの子会社、並びに保険業を行うもの以外の者をいう。

 

H前各号に定めるもののほか、保険契約者等の保護に欠けるおそれがあるものとして内閣府令で定める行為



このエントリーをはてなブックマークに追加