保険の関係法規と税制について

保険の関係法規と税制について記事一覧

保険関係法規の歴史について

保険契約は国民生活と密接な関係です。国の経済にも大きな影響を及ぼすことから、国は時代に対応した規制をしいてきました。そうして、時代に即した法改正が何度も行われてきたのです。保険契約に関する規制について明治の始めころは、保険会社は他の会社と区別はなく、特に法的な規制はありませんでした。1880年代から...

≫続きを読む

100年ぶりとなる保険法の改正

2008年6月の第169回通常国会で、100年ぶりに保険法の改正がなされました。これまで商法で「保険」を規定してきましたが、まず抜本改正をして商法から分離しました。そして独立した法律になりました。まさに大改正が行われたのです。新設された第3分野の規定新保険法で、保険契約の明確な定義がなされました。「...

≫続きを読む

生命保険の営業に関する法律について

生命保険に関わる法律は、保険会社の運営や募集関係に関するものが先ずあります。また、営業行為を保険募集人がする場合、それに関する法律や金融商品などの販売と消費者契約に沿った法律などがあります。4つの法律によって保険募集を規制「保険業法」は、保険募集人の守るべきルールと契約者の保護に関しての規制が詳細に...

≫続きを読む

生命保険募集人に関する禁止行為とは?

明治時代に保険会社が日本で初めて誕生しました。その頃から、同業他社との競争は激しく、無理な募集活動も多かったのです。法律上では、保険募集に関する禁止行為が詳細に規定されていました。虚偽や不完全な説明生命保険の契約には「不完全な説明行為」という禁止事項があります。先ず、事実と異なることを告げる、次に契...

≫続きを読む

消費者契約法と金融商品の販売等に関する法律について

保険商品は他の物販商品と違い、契約することで取引が成立します。しかし、保険商品は金融商品であるため、それによって規制される法律があります。消費者契約法とは?保険商品だけではないですが、消費者と事業者間には交渉力に大きな差があります。それは事業者は、情報や説明の仕方、内容についての理解度が消費者に比べ...

≫続きを読む

保険の銀行窓販に関する法律

金融自由化で、銀行窓口で保険の販売ができるようになりました。しかし銀行業務は非常に特殊であるためそれが原因で起こるトラブルへの「弊害防止措置」が講じられています。弊害防止措置について銀行などでの保険の窓口販売(窓販:まどはん)は利用者利便の向上を目的として実施されました。銀行は、これまでも融資などを...

≫続きを読む

保険業法第300条の規定とは?

改正された保険業法の中で特に細かく規定されたものがあります。「保険業法第300条」に明記されている、保険契約の締結、または保険募集に関する禁止行為です。9項目の禁止事項とは?@保険契約者又は被保険者に対して、虚偽のの報告を行い、又は保険契約の契約条項のうち重要な事柄をを告げない行為A保険契約者又は被...

≫続きを読む

保険の所得控除と保険金への課税について

保険料のうち一定額が所得控除になるほか、支払われた保険金や給付金に対する課税面で、税法上の特典があります。保険料の所得控除について個人年金保険料含む生命保険料と損害保険料には、一定額の所得控除があります。これらは住民税、所得税の軽減対象です。生命保険の場合、控除の対象商品は「保険金受取人が保険料の払...

≫続きを読む