共済事業と少額短期保険業について

共済事業と少額短期保険業記事一覧

認可共済と無認可共済について

保険と共済の違いは、営利と非営利、保険の対象者が不特定多数の場合とある程度特定できる場合の差とされてきました。最近では、商品を見ても差異が少なく、区別がつきにくいものが多くなっています。無認可共済と認可共済について共済は2つに区分され、「根拠法を有する共済」は認可共済であり、「根拠法のない共済」は無...

≫続きを読む

少額短期保険業者とは?

少額短期保険の登録業者の販売商品別内訳は次のようです。家財・賠償責任保険などの損保系商品と、生命・医療保険など生保系商品を販売する業者が全体の約9割です。この他はペット保険、見舞金などの費用保険などを販売する業者です。少額短期保険業に関わる規制少額短期保険業を行うには、まず所在する財務局で登録を受け...

≫続きを読む

JA共済について

根拠法に基づく認可共済の代表格は、「四大共済」と呼ばれているJA共済、全労済、都道府県民共済、コープ(CO・OP)共済などがあります。総資産は44兆円です。これは大手生保に匹敵します。農林水産省の監督である共済JA共済はJA(農業協同組合)とJA共済連(全国共済農業協同組合連合会)の共同運営共済事業...

≫続きを読む

全労済について

全労済は、労働組合の火災共済が始まりです。現在はこくみん共済やマイカー共済、ねんきん共済、団体向け共済など、多種多様の商品があります。人気であるこくみん共済全労済の正式名称は、全国労働者共済性格協同組合連合会といいます。全国の労働者、勤労者の福利厚生を目的にしています。運営は、労働組合団体、都道府県...

≫続きを読む

都道府県民共済について

親しみやすさで人気の、けんみん共済と呼ばれる都道府県民共済は1973年に埼玉県で始まりました。1982年から、全国生活協同組合連合会を元請団体として全国展開をして、現在では39都道府県で行われています。特徴としては、格安な保険料と支払いの速早さ都道府県民共済の始まりは、職場の仲間内での死亡見舞金を送...

≫続きを読む

COOP共済について

COOP共済は1979年に始まりました。全労済との「COOP共済に関する基本協定」に基づいた共済制度です。日本生活協同組合連合会が生協法に基づき、厚生労働省の認可を受けて事業を行っています。コープ共済連の設立について2008年4月に生協法が改正されました。それに伴って、2008年11月から共済事業を...

≫続きを読む