損害保険の営業と代理店の関係について

損害保険の営業と代理店の関係について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

生命保険では営業が第一線で、顧客獲得に携わります。しかし損害保険は契約の90%が代理店によって獲得されています。

 

損害保険の営業と代理店の関係について

 

損害保険営業の実態とは?

 

損害保険の営業には3形態あります。ひとつは保険会社の「直扱」、保険代理店の「代理店扱い」、最近増加している「仲立人(ブローカー)扱」です。この中でも「代理店扱」」が90%を占めています。

 

代理店は保険業で種別代理店無種別代理店に分かれています。必要な個人資格は「損保募集人資格」です。これがあれば代理店として活動できます。種別代理店は、火災保険、自動車保険または傷害保険(医療費用保険および介護費用保険含む)を取り扱います。それ以外の保険のみを扱うのが無種別代理店です。

 

スポンサーリンク

 

代理店の仕事は何か?

 

損害保険代理店は損保会社と「損害保険代理店委託契約」を結びます。これによって、損保会社を代行して、保険契約を締結し、保険料を領収するのが業務です。

 

しかし、最重要な業務は、保険契約者に保険提案を行い、それが適正であることなのです。万一の事故・災害発生時には迅速で円満な解決援助をしなければなりません。事故通知、保険金請求手続きの援助、被保険者への説明などをわかりやすく説明することが大切です。

 

 

ソリシター(代理店営業担当者)の仕事とは?

 

IS社員(インデペンデント・ソリシター)と呼ばれる人たちがいます。これは、外資系保険会社を中心に、独立した保険知識を持った営業社員のことを指します。国内企業に関しては、ソリシターと呼ばれる人がいて、「特別研修社員」や「代理店営業担当者」などがそれに当たります。

 

最近は、代理店の質の低下から保険金未払いや不払い、取りすぎの問題が増えているとされています。これは、損保会社本体だけの問題ではありません。なので、日本損害保険協会では、損保商品の知識を損保代理店販売員につけさせたり、教育に力を入れています。これは、金融商品取引法により、保険代理店も規制対象になることからだということですね。

 

他にも、専業代理店として独立させることを目的とした特別研修生や保険契約の募集をする直販社員を増員するなど、保険募集を活性化する動きが出ています。



このエントリーをはてなブックマークに追加