保険業界の動向・現状を知る

保険会社の仕事記事一覧

生命保険会社の組織体制は、どうなっているのか?

日本の生命保険会社の組織と構造は、本社−支社−支部(営業所)です。生命保険会社は合併によってその効果が出ることは殆どないでしょう。それは、営業活動は支部の職員が中心であるためです。彼らと顧客の関係が生命保険会社を支えているのです。会社を支えているのは現場の営業員生命保険は営業の中心は、支部の職員(営...

≫続きを読む

生命保険の法人営業と代理店営業について

生命保険会社も発展して多くの取扱い商品があります。それに連れて販売チャンネルも多様化してきます。生命保険会社も営業員主体の営業でしたが、最近では代理店を活用しています。銀行窓口と代理店営業について生命保険の営業は営業職員が対面で販売するのが現在は主流です。しかし、銀行の窓販が全面解禁となりました。そ...

≫続きを読む

生命保険会社の資産運用と商品開発の仕事

契約者から預かった保険料の一部は債権、株式、有価証券などに運用して、将来の保険料支払いに備えます。また、他社商品との差別化も大きな事項で、そのためには魅力ある商品開発が非常に重要な仕事です。資産運用の方法は色々ある生命保険会社の資産運用方法は、法律で細かく規定されています。対象の法律は、保険業法と保...

≫続きを読む

保険会社のアクチュアリーの仕事とは?

保険は数理を原理としているので、確率論や統計学を元に商品開発などを行っています。そして、数理的手法を元にして問題解決を図る人をアクチュアリーと呼ばれる人たちです。数理業務のプロフェッショナルの仕事アクチュアリーという言葉の元々の意味は、ラテン語で「公務の記録員」です。17世紀にイギリスのロンドンで初...

≫続きを読む

損害保険の営業と代理店の関係について

生命保険では営業が第一線で、顧客獲得に携わります。しかし損害保険は契約の90%が代理店によって獲得されています。損害保険営業の実態とは?損害保険の営業には3形態あります。ひとつは保険会社の「直扱」、保険代理店の「代理店扱い」、最近増加している「仲立人(ブローカー)扱」です。この中でも「代理店扱」」が...

≫続きを読む

保険仲立人(保険ブローカー)制度とは何か?

1998年保険業法改正に伴い、保険会社と保険契約者のあいだで中立的な立場で、契約者に最適なものを選び出して、契約の媒を行う業態が生まれました。それは保険仲立人(保険ブローカー)制度の導入です。損害保険会社から独立した存在保険仲立人は損害保険会社から独立した存在です。従っていくつかの特徴があります。一...

≫続きを読む

ダイレクト保険会社のコールセンター戦略とは?

インターネット販売が主流になりつつある現在では、自動車保険のインターネット上での見積や契約がなされるようになりました。保険ダイレクト販売が盛んになると、保険会社のコールセンターが重要な位置を占めるようになってきました。そしてインターネット契約専用の保険会社まで登場してきました。ダイレクト販売とコール...

≫続きを読む