生命保険の金融商品化

生命保険の金融商品化して登場した背景

このエントリーをはてなブックマークに追加  

昨今では、株価の順調な上昇や不動産投資などによって、生命保険会社が非常に高い水準の運用実績を上げるようになりました。このような状況に応じる形で、解約返戻金や満期保険金の額、死亡保険金額が従来のように一定ではなく変動するという商品が販売されるようになりました。

 

生命保険の金融商品化して登場した背景

 

しかしながら、上記に挙げた商品はいずれも保険商品であるため、死亡保険の金額については一定程度の最低保証が認められてきました。近年では、複数の運用鑑定の中から契約者自らのオリジナルの組み合わせを選択出来るものがメインとなってきています。

 

これは、生命保険会社によって定められた1つの運用鑑定に従って、商品が作成されていた販売当社の変動保険とは大きく異なります。多くの方がご承知の通り、保険料の支払い方法には2種類あり、1つが1時払いタイプでもう1つが積立タイプと呼ばれるものです。保険料の支払い方法だけでなく、保険の期間についても終身型と有期型の2種類があります。終身型のものについてはその名称からもわかるとおり、保障が一生涯継続します。解約返戻金については最低保障がありません。

 

スポンサーリンク

 

一方の有期型についてですが、こちらの保障期間は一定年齢あるいは一定期間(10年以上)に限られます。いずれの場合にも満期を迎えた段階で満期保険金を受け取れるのが有期型です。ちなみに、この時に受け取る保険金の金額は固定されているわけではありません。

 

なぜなら運用によって金額が変動するからです。場合によっては基本保険金を下回る満期保険金となることもあります。これは言い方を換えれば、運用をうまく行うことができれば基本保険金を上回る満期保険金を受け取る可能性があるということでもあります。

 

また、解約返戻金(かいやくへんれいきん)と満期保険金については最低保障の対象とはなりません。実は、この最低保障についての説明不足が変動保険に関するトラブルで最多のものとなっています。このようなトラブルの解消のためにも生命保険各社の改善が待たれるところです。

 

 

保険会社の金融商品の一覧

 

生存給付金付定期保険 定期保険に生存保険を付けたモノと、定期付終身保険に生存定期保険を付けた保険がある。
変動保険 特別勘定の資産の運用実績に基づいて保険金額が増減する保険。
介護保険 民間保険会社が販売する介護特約を付けた保険。
個人年金(個人年金共済) 民間保険が販売する年金型の保険。
変額年金保険 資産運用の実績に応じて死亡保険金、年金開始日以降の年金額などが増減する保険。
定額年金保険 運用実績に関わらず、基本保険金額が設定されている保険。
新学資保険(かんぽ生命) 主に教育資金を積み立てることを目的とした保険。
養老保険 一定期間の保障があり、また満期時には満期保険金が受け取れる保険。
終身保険 生命保険のうち契約期間の終了がなく、死亡した時に所定の保険金がいつでも支払われる保険。
積立傷害保険 満期払戻金などがある積立型の傷害保険。

 

 

保険会社の投資型金融商品

 

MMF マネー・マネジメント・ファンドの略称で、換金性が高い追加型公社債投資信託の一種。
公社債投信 投資信託の一つで、株式を組み入れることなく、国債や金融債など安全性の高い公社債を中心に運用している。

 



このエントリーをはてなブックマークに追加