保険業界の変遷について

保険業界の変遷について知ろう記事一覧

萌芽期の保険業はどうだったのか?

日本においても、福沢諭吉の教えを学んだ生徒達を中心とし、保険事業の実現に向け動き出し、1879年(明治12年)、東京海上保険が日本初の保険会社として誕生した。乱立した保険会社1881年、福沢諭吉の教えを学んだひとりである阿部泰蔵により、明治生命(現在の明治安田生命)は、日本初の近代的生命保険会社とし...

≫続きを読む

保険会社の戦後復興についての歴史

保険会社の競争は昭和に入り益々激しさを増し、不正な募集活動が再び頻繁に発生するようになった。世間からの批判を浴びる一方で、新規契約の増加により、保険会社は資産を拡大させていった。生命保険会社が統制下に置かれる保険会社の資産は、1935年(昭和10年)の末には、全金融機関の資金量の10%を占め、保険業...

≫続きを読む

大家族制度の崩壊と保険の大衆化による変化

経済復興の進む中で、事業所数と雇用の増加に伴い、企業における福祉制度のひとつとして、団体定期保険の利用者も増加傾向にあった。更には、保険の大衆化により、個人による契約が増加した。核家族化と家族の保障重視1948年以降、大都市への職場集中に伴い、人々の生活の場も地方から都市部へと移り、これまでの大家族...

≫続きを読む

モータリゼーションの発達と損害保険の進歩について

幕末から明治維新にかけ、開国によって貿易業が栄えたことを背景に、保管される輸入貨物に火災保険が掛けられるようなってから、日本における近代的損害保険制度が始まった。貨物保険から船舶保険への変化明治維新の時代、横浜の保税倉庫には、外国の保険会社により火災保険を掛けられた多くの貨物が保管されていた。188...

≫続きを読む

既契約の見直しと新分野への進出について

高度経済成長によってインフレが進み、保険業界は既に契約している保障の額についての価値が事実上減少したことを理由に、契約者から保険額の増額を要求する声が高くなってきた。特約商品の開発と転換制度の導入とは?主契約における保障額を増額する目的で、生命保険は、新たなサービスをいくつか開発した。中途増額制度は...

≫続きを読む

老後の生活資金へのニーズが増大している背景

顧客の間で、公的年金制度の将来についての不安が高まり、自らの努力で老後に備える必要性が高くなったことから、生命保険会社は、1980年頃から次々と個人年金保険の販売を始めた。個人年金の仕組みについて個人年金保険料控除制度が1984年に制定され、税制面における優遇措置が取られるようになり、個人年金保険の...

≫続きを読む

生命保険の金融商品化して登場した背景

昨今では、株価の順調な上昇や不動産投資などによって、生命保険会社が非常に高い水準の運用実績を上げるようになりました。このような状況に応じる形で、解約返戻金や満期保険金の額、死亡保険金額が従来のように一定ではなく変動するという商品が販売されるようになりました。しかしながら、上記に挙げた商品はいずれも保...

≫続きを読む

低金利時代の生命保険はどうなるか?

年々減少する新契約に歯止めをかける意味で、生命保険各社はいくつかの新しいサービスを導入してきました。保険料負担の軽減がそれらのサービスの内容となっています。上記の具体例として挙げられるのが頭金制度の導入です。この制度は、契約時に契約の一部に余裕資金などを一時払保険料として充てて、保険料の内の平準払部...

≫続きを読む